そーたとメイの工作 (sohtaMei)

USB2BTplus セットアップ・使い方

各部の名称

ステータスLED

消灯 未接続
接続中
接続済み
赤点滅 入力デバイス交換
再ペアリングして下さい
青点滅 ペアリング中
 赤・青 交互に点滅 USB電源またはUSB2BTplusハードウェアエラー 
  
lkvcf

用意するもの

  • スマフォやタブレットPC
  • 設定用WindowsPC (インターネット接続が必要)
  • USBマイクロケーブル
  • (必要であれば) USBキーボード、マウス
  • (キーボードとマウスなど2つ以上の入力デバイスをつなぐ場合) USBハブ

つなぎ方

  • USB2BTplusは3つまでのスマフォ(タブレッドPC)、デスクトップPCをUSB2BTplusのボタンに登録し切り替えることができます。まず以下のどのケースで使うか確認し、ケース1とケース2のときはUSBキーボードやマウスをUSB2BTplusにつないで下さい。
  • 設定用PCがWindows8.1のときケース2で使うことはできません。

PCへの接続、デバイスドライバインストール

  • USB2BTplusをUSBマイクロケーブルで設定用WindowsPCにつないで下さい。設定用PCがWindows7, Windows8.1のときは下記のデバイスドライバをダウンロードしてインストールして下さい。

  • usb2btp_Driver_Win7_8.zip

  • Windows10はデバイスドライバー不要です。

設定アプリダウンロード、ペアリング設定

  • 下記のリンクからBitClock設定アプリをダウンロードし、右クリック - すべて展開 して下さい。

  • USB2BTplus.zip

  1. USB2BTplusXX.exe を起動し「接続OK」と表示されているか確認して下さい。
  2. 「スマフォからペアリング」又は「このアプリからペアリング」でスマフォ(タブレットPC)とペアリングして下さい。ウィザードに従ってOSを選択、ペアリングして下さい。
  3. (ケース2のとき) 「このPC(USB接続)」をダブルクリックし、接続ウィザードに従って接続して下さい。
  4. (ケース3のとき) 「スマフォへキー入力」を選択してキー入力し、スマフォへキー入力できるか確認して下さい。

JIS配列キーボード設定 (android標準Google日本語入力)

  • キーボードでShiftを押しながら 2 を押して、" が入力されるときはJIS配列キーボード設定@ が入力されるときはUS配列キーボード設定です。下記の手順でJIS配列キーボードを設定して下さい。

[設定] - [言語と入力] を開く

"現在のキーボード"ATOK for ASUS (ASUS ZenFone/ZenPad標準)やATOK for androidの場合はこちらから設定して下さい。

Google日本語入力の場合は[Google日本語入力] - [入力] - [ハードウェアキーボードのキーマッピング]

[システムデフォルト] から [日本語109A] に変更

 

JIS配列キーボード設定 (ASUS ZenFone/ZenPad、ATOK for Android)

  • ATOK for ASUS (ASUS ZenFone/ZenPad標準)
  • ATOK for Android (ATOK PASSPORTベーシック)

ではJIS配列のキーボードを設定することができません、残念ながら。。
(2018/10更新)android7.0以降では全てのATOKでJIS配列キーボードが使えるようになったようです。

android6.x以前のときは下記どちらかの手段で対応して下さい。

  • ATOK PASSPORTプレミアム (\514/月) に加入してATOK for Android Professionalをインストール。
  • PlayストアからGoogle日本語入力 (無料) をインストール。 (下記参照)

[設定] - [言語と入力] - [現在のキーボード] - [キーボードの選択]

[Google日本語入力]をON、

[現在のキーボード] - [日本語 Google日本語入力]

上記設定後、JIS配列キーボード設定(Google日本語入力)して下さい。

日本語入力切り替え (iPhone/iPad)

  • スマフォ(タブレットPC)の各OSは下記のキー入力で日本語入力をON/OFFすることが出来ます。
スマフォOS キー入力
iPhone/iPad 半角全角 又は
Ctrl+SPACE
android Alt+半角全角
MAC Ctrl+SPACE
Windows 半角全角

iPhone/iPadの例:

親指シフト入力

親指シフト入力は「ローマ字入力」、「かな入力」のような日本語入力方式の一つで、下記のような特徴があります。

  • 入力に使うキーは「かな入力」の約1/2(「ローマ字入力」とほぼいっしょ)
    キーボードの端から端まで使う「かな入力」よりも無理が少ない、日本語入力中でも数字を直接入力できる。
  • キーを押す回数は「ローマ字入力」の約1/2(「かな入力」とほぼいっしょ)
    「ローマ字入力」は平均2回以上。
  • 文字キーと親指シフトキー同時押しの練習が必要
    ShiftやCtrlのような「先押し」入力も可能だが、「キーを押す回数が少ない」メリットは小さくなる。

初めての方はものくろさん&よすさんの記事がお勧めです。

USB2BTplusの親指シフト入力モードでは、親指シフト方式で入力されたキーをUSB2BTplusでローマ字入力のキーコードに変換してPC/スマフォに入力します。
初期設定後は常駐アプリや専用ドライバは不要ですが、下記の制限事項があります。接続先がWindowsのみの場合はUSB2BTplusでなくblechmusik氏&ライフデポ社の「DvorakJ 親指シフトインストーラー」を推奨します。

対応USBキーボード ・109 JISキーボード
 ライフラボ(株)の「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード™」推奨
・USB2BTplusの「ケース3」 非対応
対応OS
対応日本語入力
下記OSの標準の日本語入力で確認。
・iPhone/iPad
・android (Google日本語入力)
 ※JISキーボードに対応していること (ATOK+android6.x以前は非対応)
・Windows (MS IME)
・MAC
親指シフトキー スペース/変換
PC/スマフォの設定 ・ローマ字入力
・JISキーボード
同時打鍵判定時間 ・シフトキー → 文字キー:無制限
・文字キー → シフト気ー:100ms
詳細仕様 NICOLA配列規格書になるべく準拠
・親指シフト入力では:でBackSpace、Shift+0で:入力 (ライフラボ社キーボードに準拠)
・Schroll Lock LEDで親指シフト変換ON/OFFを表示
制限事項 ・下記の記号の「打ち分け」はできません(JISキーボードと同等)。キーを入力後 [変換] で目的の記号を選択して下さい。
  ・ /
  、 ,
  。 .
  [ 「 『
  ] 」 』
・Windowsとandroidでは日本語入力のON/OFFと親指シフトのON/OFFがずれる場合があります。

 

Windowsでの2キー切替設定方法

MS-IMEをカスタマイズし、[無変換] と [ひらがな] に日本語入力のOFF、ONを割り当てることで日本語入力と親指シフトのON/OFFのずれを最小限にすることが出来ます。

[画面右下の日本語入力のアイコンで右クリック] - [プロパティ] - [詳細設定] - [変更]

[無変換] - IMEオフ、[ひらがな] - IMEオン

入力デバイスの追加・交換

  • USB入力デバイスを追加・交換するとUSB2BTplusのステータスLEDが赤点滅し、設定アプリ上で (再ペアリングして下さい) になります。設定アプリの(再)ペアリングを押し、ウィザードに従って再ペアリングして下さい。その際必ずウィザードの手順に従ってスマフォ(タブレットPC)上で登録解除を行ってください。

「スマフォへキー入力」注意

  • iOS以外のとき
  • 「スマフォへキー入力」はノートPCのキーボードから設定アプリ経由でスマフォ(タブレットPC)へキー入力を行うことができます。

  • ただし「スマフォへキー入力」機能はWindowsアプリとして動作しているため、アプリ切り替えなど下記のキー入力をスマフォ(タブレットPC)に送ることは出来ません。

キー入力 Windows機能
Win全部 OS機能キー
Ctrl+ESC スタートメニュー
Alt+ESC アプリ切り替え
Alt+F4 アプリ終了
PrtScn全部 スクリーンキャプチャ
Ctrl+Scroll
Ctrl+Pause
Alt+TAB アプリ切り替え
Alt+SPACE メニュー表示
F10 キー送信されるが遅い
Shift+F10 キー送信されるが遅い
  • Alt+TAB (アプリ切り替え) はandroidスマフォやタブレットPCでもよく使うため、USB2BTplusではノートPCでAlt+CapsLockをキー入力することでスマフォ(タブレットPC)にAlt+TABを送る仕様になっています。
  • iOSのとき
  • Ctrl+キーCommand+キーに置き換えます (Ctrl+SPACE, Ctrl+TAB除く)
  • 下記の表はiPadのショートカットキーです(iPhoneでもSafariやメモ帳で一部のショートカットを使うことが出来ます)。灰色の項目は入力できません。※「りんご道具な生活」様の情報を参考にさせて頂きました。
  • またデバイス切り替えでiOS以外とiOSで切り替えとき誤動作するため、アプリの[更新]ボタンを押して下さい。
アプリ 機能 Shift Ctrl Option
(Alt)
Command
(Win→Ctrl)
キー iPhone
ホーム ホーム画面へ移動 Command H  
検索 Command SPACE  
Appを切り替える
※Alt+CapsLockで入力できます
Command TAB  
Dockを表示 Option Command D  
スクリーンショット(サムネイルで表示) Shift Command 3  
スクリーンショット(編集状態にする) Shift Command 4  
共通 日本語入力切り替え Ctrl SPACE
ショートカット一覧表示       Command長押し    
コピー Command C
ペースト Command V
カット Command X
全てを選択 Command A
新規 Command N
検索 Command F  
取り消し Command Z
safari ページを再読み込み Command R
戻る Command [
場所を開く Command L
新規タブ Command T
タブを閉じる Command W
Split View を開く Command N  
次のタブを表示 Ctrl TAB
前のタブを表示 Shift Ctrl TAB
メール 添付ファイルを追加 Shift Command A  
引用としてペースト Shift Command V  
引用レベルを上げる Command '  
引用レベルを下げる Option Command '  
送信 Shift Command D  
キャンセル Command W  
Bccを追加 Option Command B  
下書きをしまう Command M  
メッセージを削除 BS  
メッセージをアーカイブ Ctrl Command A  
新規メールをすべて受信 Shift Command N  
メールボックスを検索 Option Command F  
返信 Command R  
全員に返信 Shift Command R  
転送 Shift Command F  
迷惑メールにする Shift Command J  
フラグ Shift Command L  
未開封にする Shift Command U  
カレンダー 今日を表示 Command T  
カレンダーを更新 Command R  
次の日、週、月、年に移動 Command  
前の日、週、月、年に移動 Command  
次のイベントを選択 TAB  
前のイベントを選択 Shift TAB  
次のイベントを選択  
前のイベントを選択  
次のイベントを選択  
前のイベントを選択  
日表示に切り替え Command 1  
週表示に切り替え Command 2  
月表示に繰り替え Command 3  
年表示に切り替え Command 4  
ファイル フォルダを作成 Shift Command N  
複製 Command D  
ここへ移動 Shift Command V  
削除 Command BS  
最近使った項目 Shift Command R  
ブラウズを表示 Shift Command B  
アイコンとして表示 Command 1  
リストとして表示 Command 2  
内包フォルダへ移動 Command  
メモ ボールド Command B
イタリック Command I  
アンダーライン Command U  
タイトル Shift Command T  
見出し Shift Command H
本文 Shift Command B  
チェックリスト Shift Command L  
チェック済みにする Shift Command U  
Option Command T  
メモリスト検索 Option Command F  
編集を終了 Command Enter  
pages ボールド Command B  
イタリック Command I  
アンダーライン Command U  
コピー Option Command C  
ペースト Option Command V  
コメントを追加 Shift Command K  
単語数表示を隠す Shift Command W  
ルーラを隠す Command R  
書類に移動 Command O  
Numbers 複製 Command D  
ロック Command L  
シートを挿入 Shift Command N  
スプレッドシートに移動 Command O  
複数の行を上に追加 Option  
複数の行を下に追加 Option  
複数の列を前に追加 Option  
複数の列を後ろに追加 Option  
スタイルをコピー Option Command C  
スタイルをペースト Option Command V  
グラフデータを編集 Shift Command D  
keynote スライドショーを再生 Option Command P  
トランジションとビルドを表示 Option Command A  
発表者ノートを表示 Shift Command P  
ライトテーブルを表示 Shift Command L  
プレゼンテーションに移動 Command O  
新規スライド Shift Command N  
スライドをスキップ Shift Command H  
スライドを複製 Command D  
スライドをインデント TAB  
スライドのインデントを解除 Shift TAB  
スタイルをコピー Option Command C  
スタイルをペースト Option Command V  
複製 Command D  
背面へ Shift Option Command B  
前面へ Shift Option Command F  
最背面へ Shift Command B  
最前面へ Shift Command F  
ロック Command L  

 

キー置換

  • 設定方法
  1. アプリとPIC1ソフトをver 0.994以降に更新 (USB2BTplus.zip をダウンロードしソフト更新
  2. [設定・アップデート] - [Replace Keyのsetup] で設定ファイルを選択
  • キー置換 設定ファイル例
  • CtrlCapslock.csv CTRL - CAPSLOCK入れ替え
    HHKBproForMac.csv HHKB pro for MAC, HHKB lite2 for MAC用 変換/無変換キー置換

    HHKBproForMac.csvをExcelで編集することで任意のキー置換を行うことが出来ます。変換前、変換後のキーコードはシフトコード+キーコードで定義します。

    CtrlCapslock.csv「CTRL - CAPSLOCK入れ替え」機能のON/OFFを定義しています。このファイルを編集して任意のキー置換を行うことは出来ません。

    [デバッグ開始]を押してDebugView上でキー置換の状態をリアルタイムでモニタすることが可能です。

  • シフトコード(ビットマップ、複数同時押し対応)
  • 0x00 なし
    0x01 CTRL
    0x02 SHIFT
    0x04 ALT
    0x08 WIN(MAC command)
  • 例:
    ESC 0x00 0x29
    CTRL+ESC 0x01 0x29
    CTRL+SHIFT+ESC 0x03 0x29
  • キーコード(複数同時押し非対応)
  • JIS keyboard US keyboard
    0x29 ESC ESC
    0x3a F1 F1
    0x3b F2 F2
    0x3c F3 F3
    0x3d F4 F4
    0x3e F5 F5
    0x3f F6 F6
    0x40 F7 F7
    0x41 F8 F8
    0x42 F9 F9
    0x43 F10 F10
    0x44 F11 F11
    0x45 F12 F12
    0x46 PrtScn PrtScn
    0x47 Scroll Scroll
    0x48 Pause Pause
    0x35 半角全角 ` ~
    0x1e 1 ! 1 !
    0x1f 2 " 2 @
    0x20 3 # 3 #
    0x21 4 $ 4 $
    0x22 5 % 5 %
    0x23 6 & 6 ^
    0x24 7 ' 7 &
    0x25 8 ( 8 *
    0x26 9 ) 9 (
    0x27 0 0 )
    0x2d - = - _
    0x2e ^ ~ = +
    0x89 \ー|
    0x2a BS BS
    0x2b TAB TAB
    0x14 q q
    0x1a w w
    0x08 e e
    0x15 r r
    0x17 t t
    0x1c y y
    0x18 u u
    0x0c i i
    0x12 o o
    0x13 p p
    0x2f @ ` [ {
    0x30 [ { ] }
    0x28 ENTER ENTER
    0x39 CAPSLOCK CAPSLOCK
    0x04 a a
    0x16 s s
    0x07 d d
    0x09 f f
    0x0a g g
    0x0b h h
    0x0d j j
    0x0e k k
    0x0f l l
    0x33 ; + ; :
    0x34 : * ' "
    0x32 ] }
    0x31 \ |
    0x1d z z
    0x1b x x
    0x06 c c
    0x19 v v
    0x05 b b
    0x11 n n
    0x10 m m
    0x36 , < , <
    0x37 . > . >
    0x38 / ? / ?
    0x87 \ろ_
    0x8b 無変換
    0x2c SPACE SPACE
    0x8a 変換
    0x88 ひらがな
    0x65 MENU MENU
    0x49 INSERT INSERT
    0x4a HOME HOME
    0x4b PageUp PageUp
    0x4c Delete Delete
    0x4d End End
    0x4e PageDown PageDown
    0x52
    0x50
    0x51
    0x4f
    0x53 NumLock NumLock
    0x54 右/ 右/
    0x55 右* 右*
    0x56 右- 右-
    0x5f 右7 home 右7 home
    0x60 右8 ↑ 右8 ↑
    0x61 右9 pageup 右9 pageup
    0x57 右+ 右+
    0x5c 右4 ← 右4 ←
    0x5d 右5 右5
    0x5e 右6 → 右6 →
    0x59 右1 end 右1 end
    0x5a 右2 ↓ 右2 ↓
    0x5b 右3 pagedown 右3 pagedown
    0x58 右Enter 右Enter
    0x62 右0 右0 ins
    0x63 右. 右. del
  • Apple JIS keyboad
    0x67 右=
    0x85 右,
    0x68 F13
    0x69 F14
    0x6a F15
    0x6b F16
    0x91 英数
    0x90 かな

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system