そーたとメイの工作 (sohtaMei)

USB2BTplus セットアップ・使い方

各部の名称

ステータスLED

消灯 未接続
接続中
接続済み
赤点滅 入力デバイス交換
再ペアリングして下さい
青点滅 ペアリング中
 赤・青 交互に点滅 USB電源またはUSB2BTplusハードウェアエラー 
  
lkvcf

用意するもの

  • スマフォやタブレットPC
  • 設定用WindowsPC (インターネット接続が必要)
  • USBマイクロケーブル
  • (必要であれば) USBキーボード、マウス
  • (キーボードとマウスなど2つ以上の入力デバイスをつなぐ場合) USBハブ

つなぎ方

  • USB2BTplusは3つまでのスマフォ(タブレッドPC)、デスクトップPCをUSB2BTplusのボタンに登録し切り替えることができます。まず以下のどのケースで使うか確認し、ケース1とケース2のときはUSBキーボードやマウスをUSB2BTplusにつないで下さい。
  • 設定用PCがWindows8.1のときケース2で使うことはできません。

PCへの接続、デバイスドライバインストール

  • USB2BTplusをUSBマイクロケーブルで設定用WindowsPCにつないで下さい。設定用PCがWindows7, Windows8.1のときは下記のデバイスドライバをダウンロードしてインストールして下さい。

  • usb2btp_Driver_Win7_8.zip

  • Windows10はデバイスドライバー不要です。

設定アプリダウンロード、ペアリング設定

  • 下記のリンクからBitClock設定アプリをダウンロードし、右クリック - すべて展開 して下さい。

  • USB2BTplus.zip

  1. USB2BTplusXX.exe を起動し「接続OK」と表示されているか確認して下さい。
  2. 「スマフォからペアリング」又は「このアプリからペアリング」でスマフォ(タブレットPC)とペアリングして下さい。ウィザードに従ってOSを選択、ペアリングして下さい。
  3. (ケース2のとき) 「このPC(USB接続)」をダブルクリックし、接続ウィザードに従って接続して下さい。
  4. (ケース3のとき) 「スマフォへキー入力」を選択してキー入力し、スマフォへキー入力できるか確認して下さい。

JIS配列キーボード設定 (android標準Google日本語入力)

  • キーボードでShiftを押しながら 2 を押して、" が入力されるときはJIS配列キーボード設定@ が入力されるときはUS配列キーボード設定です。下記の手順でJIS配列キーボードを設定して下さい。

[設定] - [言語と入力] を開く

"現在のキーボード"ATOK for ASUS (ASUS ZenFone/ZenPad標準)やATOK for androidの場合はこちらから設定して下さい。

Google日本語入力の場合は[Google日本語入力] - [入力] - [ハードウェアキーボードのキーマッピング]

[システムデフォルト] から [日本語109A] に変更

 

JIS配列キーボード設定 (ASUS ZenFone/ZenPad、ATOK for Android)

  • ATOK for ASUS (ASUS ZenFone/ZenPad標準)
  • ATOK for Android (ATOK PASSPORTベーシック)

ではJIS配列のキーボードを設定することができません、残念ながら。。
(2018/10更新)android7.0以降では全てのATOKでJIS配列キーボードが使えるようになったようです。

android6.x以前のときは下記どちらかの手段で対応して下さい。

  • ATOK PASSPORTプレミアム (\514/月) に加入してATOK for Android Professionalをインストール。
  • PlayストアからGoogle日本語入力 (無料) をインストール。 (下記参照)

[設定] - [言語と入力] - [現在のキーボード] - [キーボードの選択]

[Google日本語入力]をON、

[現在のキーボード] - [日本語 Google日本語入力]

上記設定後、JIS配列キーボード設定(Google日本語入力)して下さい。

日本語入力切り替え (iPhone/iPad)

  • スマフォ(タブレットPC)の各OSは下記のキー入力で日本語入力をON/OFFすることが出来ます。
スマフォOS キー入力
iPhone/iPad 半角全角 又は
Ctrl+SPACE
android Alt+半角全角
MAC Ctrl+SPACE
Windows 半角全角

iPhone/iPadの例:

親指シフト入力

親指シフト入力は「ローマ字入力」、「かな入力」のような日本語入力方式の一つで、下記のような特徴があります。

  • 入力に使うキーは「かな入力」の約1/2(「ローマ字入力」とほぼいっしょ)
    キーボードの端から端まで使う「かな入力」よりも無理が少ない、日本語入力中でも数字を直接入力できる。
  • キーを押す回数は「ローマ字入力」の約1/2(「かな入力」とほぼいっしょ)
    「ローマ字入力」は平均2回以上。
  • 文字キーと親指シフトキー同時押しの練習が必要
    ShiftやCtrlのような「先押し」入力も可能だが、「キーを押す回数が少ない」メリットは小さくなる。

初めての方はものくろさん&よすさんの記事がお勧めです。

USB2BTplusの親指シフト入力モードでは、親指シフト方式で入力されたキーをUSB2BTplusでローマ字入力のキーコードに変換してPC/スマフォに入力します。
初期設定後は常駐アプリや専用ドライバは不要ですが、下記の制限事項があります。接続先がWindowsのみの場合はUSB2BTplusでなくblechmusik氏&ライフデポ社の「DvorakJ 親指シフトインストーラー」を推奨します。

対応USBキーボード ・109 JISキーボード
 ライフラボ(株)の「親指シフト表記付きUSBライトタッチキーボード™」推奨
・USB2BTplusの「ケース3」 非対応
対応OS
対応日本語入力
下記OSの標準の日本語入力で確認。
・iPhone/iPad
・android (Google日本語入力)
 ※JISキーボードに対応していること (ATOK+android6.x以前は非対応)
・Windows (MS IME)
・MAC
親指シフトキー スペース/変換
PC/スマフォの設定 ・ローマ字入力
・JISキーボード
同時打鍵判定時間 ・シフトキー → 文字キー:無制限
・文字キー → シフト気ー:100ms
詳細仕様 NICOLA配列規格書になるべく準拠
・親指シフト入力では:でBackSpace、Shift+0で:入力 (ライフラボ社キーボードに準拠)
・Schroll Lock LEDで親指シフト変換ON/OFFを表示
制限事項 ・下記の記号の「打ち分け」はできません(JISキーボードと同等)。キーを入力後 [変換] で目的の記号を選択して下さい。
  ・ /
  、 ,
  。 .
  [ 「 『
  ] 」 』
・Windowsとandroidでは日本語入力のON/OFFと親指シフトのON/OFFがずれる場合があります。

 

Windowsでの2キー切替設定方法

MS-IMEをカスタマイズし、[無変換] と [ひらがな] に日本語入力のOFF、ONを割り当てることで日本語入力と親指シフトのON/OFFのずれを最小限にすることが出来ます。

[画面右下の日本語入力のアイコンで右クリック] - [プロパティ] - [詳細設定] - [変更]

[無変換] - IMEオフ、[ひらがな] - IMEオン

入力デバイスの追加・交換

  • USB入力デバイスを追加・交換するとUSB2BTplusのステータスLEDが赤点滅し、設定アプリ上で (再ペアリングして下さい) になります。設定アプリの(再)ペアリングを押し、ウィザードに従って再ペアリングして下さい。その際必ずウィザードの手順に従ってスマフォ(タブレットPC)上で登録解除を行ってください。

「スマフォへキー入力」注意

  • 「スマフォへキー入力」はノートPCのキーボードから設定アプリ経由でスマフォ(タブレットPC)へキー入力を行うことができます。

  • ただし「スマフォへキー入力」機能はWindowsアプリとして動作しているため、アプリ切り替えなど下記のキー入力をスマフォ(タブレットPC)に送ることは出来ません。

キー入力 Windows機能
Ctrl+ESC スタートメニュー
Alt+ESC アプリ切り替え
Alt+F4 アプリ終了
PrtScn全部 スクリーンキャプチャ
Ctrl+Scroll
Ctrl+Pause
Alt+TAB アプリ切り替え
Alt+SPACE メニュー表示
F10 キー送信されるが遅い
Shift+F10 キー送信されるが遅い
  • Alt+TAB (アプリ切り替え) はandroidスマフォやタブレットPCでもよく使うため、USB2BTplusではノートPCでAlt+CapsLockをキー入力することでスマフォ(タブレットPC)にAlt+TABを送る仕様になっています。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system