そーたとメイの工作

その他工作

でんし おえかき

作品しょうかい

パソコンで書いた8枚の絵が、液晶(LCD)の上でパタパタアニメで表示されます。

Windows Vista 32bit, Windows7, Windows8.xで動作確認しました。WindowsXPとWindowsVista 64bitでは動きません。

部品

必要な部品は下記の通りです。※それぞれの入り数、注文数に注意して下さい。(秋月 注文書例:pdf)

名称 型番 link 入り数 価格 注文数
超小型グラフィックLCDピッチ変換キット AE-AQM1248 秋月 K-07007 1個入 \750 1点
ミニBメスUSBコネクタDIP化キット AE-USB-MINI-B-D 秋月 K-05258 1個入 \200 1点
PICマイコン PIC18F26J50-I/SP 秋月 I-05396 1個入 \260 1点
基板用トグルスイッチ3P(スリム) 2MS1-T1-B4-M2-Q-E 秋月 P-02399 1個入 \80 1点
積層セラミックコンデンサ 10pF RDE5C2A100J0K1C03B 秋月 P-05106 1個入 \10 2点
積層セラミックコンデンサ 0.1μF RPEF11H104Z2P1A01B 秋月 P-00090 10個入 \100 1点
積層セラミックコンデンサ 10μF RDEC71E106K2K1C03B 秋月 P-05103 1個入 \30 2点
炭素皮膜抵抗 1/6W 10kΩ RD16S 10K 秋月 R-16103 100個入 \100 1点
抵抗内蔵5mm黄緑色LED(5V用) OSG8NU5B64A-5V 秋月 I-06246 10個入 \120 1点
抵抗内蔵5mm黄色LED(5V用) OSY5LU5B64A-5V 秋月 I-06248 10個入 \120 1点
三端子レギュレータ 3.3V150mA XC6202P332TB 秋月 I-03421 2個入 \100 1点
クリスタル 20MHz   秋月 P-00547 10個入 \400 1点
タクトスイッチ(赤色)   秋月 P-03646 1個入 \10 1点
連結ピンヘッダ 1×40 6/11/3 SH-1x40SG(20) 6/11/3 秋月 C-02960 1個入 \50 1点
細ピンヘッダ 1×20 PHA-1x20SG 秋月 C-04398 1個入 \20 1点
ブレッドボード BB-801   秋月 P-05294 1個入 \200 1点
ジャンパーワイヤセット EIC-J-L   秋月 P-00288 1個入 \300 1点
電池ボックス 単3x2本用(スイッチ付) BH-321-1AS 秋月 P-00327 1個入 \60 1点
Mini-B USBケーブル Aオス-ミニBオス1.5m 秋月 C-05222 1個入 \110 1点
    計 \3,060 (送料別)

部品加工

各部品を下の写真のように加工。
タクトスイッチの足はラジオペンチで伸ばし、"| |" の字にする。 PICマイコンの足は"ハ"の字に開いているため、"| |"に揃える。
細ピンヘッダは短い側を切断。

グラフィックLCDは変換基板に半田付け。1.27mmピッチなので、半田付け初めてのメイは盛大にブリッジしていた(左)。

LED緑、LED黄は足の短いほうをマジックでマークし、7mm程度の長さで切断。

連結ピンヘッダは下の写真の2本の赤い線に従って切断。

3端子レギュレータは右のピンを手前に曲げ(根元から曲げない)、3マスの幅で下に曲げる。

 

組み立て

ジャンパワイヤ、小さい部品をどんどん挿していく(クリックで拡大)。大きい部品を指す穴にマジックで印を付けておく。

  • 青いコンデンサは3種類ある
  • ICとLEDには向きがある。LED緑はマーキングした方が上。
  • タクトスイッチの向きに注意。足が左右でなく上下になる。

大きい部品を挿していく(クリックで拡大)。

  • 3端子レギュレータは黄色のワイヤを跨いで写真の3つの赤の穴に挿す。
  • LED黄はマーキングした方が下。

動作確認のあとUSBコネクタ、LCD、トグルスイッチ、クリスタルをホットボンドで固定。

動作確認

step1. ブレッドボードをUSBケーブルを使ってパソコンに繋ぐ。トグルスイッチを右に倒す。

LED緑が点灯すればOK。

step2. PIC書き込み

下の写真の通りに、PICkit3を基板のピンヘッダに挿す。PICソフトをダウンロードしてPIC書き込み。(リンク先1リンク先2参照)

書き込みがProgramming Successfulとなり、書き込み後ブレッドボード上のLED黄が点灯すればOK。

 

step3. いったんパソコンからUSBケーブルを抜き、もう一度パソコンに挿す。

パソコンのデバイスドライバ上でUSB Serial Port(COMx)が認識されていればOK。(下の例はCOM6になっている)

step4. 「でんしおえかき」で絵を描きダウンロード
  • 既にアプリが起動していた場合はいったん終了し、再度アプリを立ち上げ。
  • COMx の x がstep3と同じ値になっているか確認。違う場合設定。
  • アプリのメインウィンドに適当な絵を描き、"できあがり" を押す。

書いた絵がLCDに表示されればOK。1pageしか絵を描いてない場合、アニメ表示はしない。

step5. タクトスイッチを何回か押す。

LED黄が付いたり消えたりすればOK。

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system